プチでもやっぱり気になる豊胸手術のデメリットとは?

4943beb48ff9b06eef7118a6c0516429のコピー

 

こんにちは(・∀・)みるくです!

今日はメルマガ読者さんから

ご質問を頂いている「豊胸手術の危険性」

について記事を更新したいと思います。

 

では、早速ですがご質問の内容を

皆さんにもご紹介したいと思います。

 

ヒアルロン酸の豊胸を考えてます。
確実に大きくなりますか?
触り心地は硬いですか?
また後遺症は出ますか?

 

 

まず、簡潔に豊胸手術に対する

みるくの見解を書かせて貰いますと・・・。

 

すぐに胸の大きさが変わると言う

部分で言えば、メリットは大きいと

思いますがのちのち納得いかないで、

後でシリコンを抜いてしまうなんて

事になるような事もありますので、

自分のカラダに傷をつけてしまう

というデメリットの方がリスクだと思います。

 

もちろん!

自分自身が納得できている場合は良いのですが

そうではないとモヤモヤした気持ちが残ったり

するのも精神衛生も良くないかも知れません。

 

追い打ちを掛ける訳じゃないのですが

それ以外にもこんな危険性もあるのです。

 

豊胸手術の危険性

  • 感触が固い
  • バストの形がいびつになる
  • バストの感触に異物感がある
  • バスト感覚の麻痺
  • 異物が入っている心理的負担
  • 傷が目立つ
  • 脂肪壊死
  • しこり・石灰化
  • バックの破損

 

などのデメリットもあります。

また、プチ豊胸と言われるような

ヒアルロン酸を注入する方法でも

10ccあたり5万~10万円くらい+技術料

という事なので相当なお値段に∑(゚□゚;)

 

プチ豊胸を試した人の口コミ

 

1度にマクロレーンVFR30を注入しました。大きさはそれほど変わりませんが、形が断然よくなったので満足しています。大きくしたい、という人には向かないかも。 ただ、結構お金もかかったのに数年でも元に戻ることを考えると、他の方法を選んだ方がよかったかも。と思うこともあります。

 

昔から胸にコンプレックスが強かったので、東京への引越しを機に思い切って豊胸手術をしました。もうすぐ2年です。バッグを入れるのは怖かったので、ヒアルロン酸の注入にしました。数年は持つとのお話でしたが、継続期間は1年もなかったように思います。今はもうほとんど手術前と同じです。ヒアルロン酸の種類の問題なんでしょうか。。改めて豊胸手術を考えていますが、何が良い方法なのかが分かりません。おすすめの豊胸手術があれば教えて欲しいです。

 

なんて口コミもありますので

プチ豊胸もデメリットは十分あるでしょう。

 

IPS細胞の研究が進めばもっと

いい豊胸手術が出てくると思いますが

現時点ではデリットが多いのは事実ですね。

 

 

 

読者さんからの参考になる人気の記事

  1. 読者さんの報告(・∀・)BからDサイズまでの道のり!

    20150421top

    メルマガ読者さんの愛華さんが成功したバストアップ方法とは?
    バストアップ歴は3ヶ月で驚きの結果が!!

  2. 【AA65→B65】ゆりさんのバストアップ結果!

    20150421top

    メルマガ読者さんのゆりさんの写メつき実践報告!
    脚の●●を解消したら!?

  3. ミワさんの報告!4カップアップした経緯とは?

    20150421top

    バストアップラボとバストあっぷるんを同時に実践して4カップもサイズアップ!
    その実践方法とは!?

 

バストアップはこれ!

bustuplabo2015

1379227198D4WXOrV6fyceiO31379227177

レビューや詳細はバストアップラボのレビューをご覧下さい。

脚やせと言えばこれ!

sll2015

1379227198D4WXOrV6fyceiO31379227177
レビューや詳細はスリムレッグラボのレビューをご覧下さい。

 

満足度が高く人気のバストアップ方法

ヒラクアップ

昨年リリースされてから成功者続出中で読者さんの支持率No1のヒラクアップです。そんなヒラクアップの効果120%発揮させるここでしか手に入らない特典も手に入れるなら今がチャンス!

ヒラクアップ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

pr
当ブログの管理人のみるくです。何をやっても成果が出せない元キャバ嬢でした。そんなみるくでも成功したバストアップの体験談と読者さんと一緒にバストアップに日々チャレンジする為のブログを運営してます。

質問や相談などお気軽にメールをください(・∀・)

このページの先頭へ