女性ホルモンの分泌と睡眠の関係

黄体ホルモン 睡眠

こんにちは(・∀・)みるくです!

まだまだ寒い日が続いてますね。

こう寒いとなかなか朝ベットから

出れないなんて毎日ですが皆さんは

いかがですか?

 

寝ている時間はいつもと同じ

時間寝ているのに寝た気がしない

といった状態は女性独特の

ホルモンバランスと関係が

あるのです。

 

という事で今日は睡眠と

バストアップに関係している

女性ホルモンの分泌の関係に

ついて記事を書きたいと

思います。

 

毎日忙しいと女性ホルモンの

バランスってあまり気にしない

って女子は少なくないと思いますが

「女性ホルモン」はちょっとした

ことですぐにバランスを崩して

しまう繊細なものなのです。

 

その原因の1つが睡眠不足に

よる事で「女性ホルモン」の

バランスを崩してしまう事も

あるのです。

 

黄体ホルモンと睡眠の関係

ご存知の方も多いと思いますが

排卵から月経直前にかけて

多く分泌されるのが

女性ホルモンである

黄体ホルモンつまり

プロゲステロンですね。

 

じつはこの黄体ホルモンは

睡眠の質を低下させることが

わかっています。

 

低下といってもこの症状は

女性なら誰でも経験する

当たり前の事で生理に備えて

自然とカラダを休養させようと

している事なのです。

 

なので生理前にやたら眠くなる

といった場合は女性としての

カラダの機能は正常といった事に

なるのです。

 

ちなみに妊娠すると黄体ホルモンは

さらに活発に分泌されて普段の

眠気が一層強くなるらしいです。

 

生理前に寝付きが悪くなる場合

逆に生理前になると寝付きが悪く

なるといった女性もいますが

この場合は生理前症候群(PMS)の

症状で黄体ホルモン(プロゲステロン)

が過剰に分泌されている場合に

起こる症状らしいのです。

 

つまり生理前に眠くなるのが正常

逆に生理前に寝付きが悪くなるのが

黄体ホルモンが過剰分泌されている

つまりホルモンバランスが乱れ気味

といった事になるのです。

 

その場合は黄体ホルモンの影響で

体温が下がりにくくなっているので

就寝前に軽く体温を上げて

その反動で下がりやすくすると

自然に寝付きが良くなります。

 

寝る前にお白湯か常温の水を

飲んで寝るとカラダの血液が

循環しやすくなって寝付きが

良くなりやすくなります。

 

また簡単なストレッチも

カラダをリラックスさせる

効果がありますので寝付きが

悪いのを改善するのに

一役かってくれます。

 

 

満足度が高く人気のバストアップ方法

ヒラクアップ

昨年リリースされてから成功者続出中で読者さんの支持率No1のヒラクアップです。そんなヒラクアップの効果120%発揮させるここでしか手に入らない特典も手に入れるなら今がチャンス!

ヒラクアップ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

pr
当ブログの管理人のみるくです。何をやっても成果が出せない元キャバ嬢でした。そんなみるくでも成功したバストアップの体験談と読者さんと一緒にバストアップに日々チャレンジする為のブログを運営してます。

質問や相談などお気軽にメールをください(・∀・)

このページの先頭へ