産後に美乳をキープする4つのポイントとは?


【NEW】ヒラクアップのネタバレ&特別特典
話題のバストアップDVD!ヒラクアップをどこよりも詳しく解説ネタバレ!バストアップを目指すためのここでしか手に入らない豪華特典も満載です( ^^) _U~~


産後のバストアップ

 

こんにちは(・∀・)みるくです。

今日は産後のバストケアについて

記事を更新したいと思います。

 

女性には人生で最大に

胸が大きくなる時期

というのがあります。

 

それは「妊娠・出産」と

重なる時期です。

 

赤ちゃんをお腹の中で育て

産後も母乳で育てていくためには

妊娠中から体もだんだんと

お母さんになるための準備を

はじめるのです。

 

特にバストの部分は母乳を

赤ちゃんに与えるために

女性ホルモンである

「エストロゲン」が通常時よりも

分泌され「乳腺」の部分が

活発に発達するといわれています。

 

妊娠中・出産後の症状や

胸のハリ具合等はまさに

人それぞれですが妊娠が

分かった妊娠初期の段階から

胸が痛いと感じたり

胸が張っているのを感じたりする

女性がほとんどです。

 

しかし問題なのは

「産後」のバストです。

 

確かに妊娠中から

産後直後にかけては

胸は人生で最大に大きくなる

傾向にはあります。

 

しかし赤ちゃんの授乳が

終わってしまったら

また元のバストの大きさ

もしくは元の大きさよりも

小さくなってしまうことにも

実はなりかねないのです。

 

母乳育児をする場合は特に

産後は胸が小さくなるだけでなく

全体的にハリやふっくら感がなくなり

しぼんでしまう状態に

陥ってしまうのです。

 

ちなみに芸能界では

モデル・タレントとして

活躍されていることでも有名な

「西山茉希」さんが産後の

ご自分の体についてとっても

驚かれているようです。

 

やはりモデルさんという

職業をされている方ですから

特にでしょうか。

 

「女性らしい体の女性はうらやましい」

とコメントされたそうです。

 

しかし産後のケアさえ

しっかりと忘れないで

行うことができれば

産後でもキレイなバストを

キープする事は可能だそうです。

 

産後のバストアップするポイント

そのために大切なのは

「母乳を絞る量を調整する」

ということと

「産後のバストの変化に伴って

バストを支え・守ってくれる

ご自分に合ったブラジャーをつける」

ということそれから

「食生活では偏りをなくし

バランスよくまんべんなく食べる」

ということ

「産後直後は筋トレを控え

少し経ってから胸の土台となる

大胸筋を少し鍛えてみたり

乳腺を刺激しながら

バストマッサージを中心に行う」

ということです。

 

バストには食生活や運動

マッサージなど全てが

それぞれに深く関わっているので

それらをしっかりと意識して

行っていくことが大切です。

 

また大胸筋を鍛えるためには

両手のひらを胸の前で押し合ったり

腕立て伏せなんかが特に効果的です。

 

産後のバストケアに壁立ち腕立て伏せ

子育てや家事や仕事で毎日時間が無い!

というママさんには腕立て伏せの

「壁立ちバージョン」がおすすめですよ!

やり方は簡単で壁に向かって

背筋を真っ直ぐにして立ち

脇をしめて壁に手のひらをつけ

プッシュします。

 

その状態を10秒間続けゆるめます。

こちらを10セット繰り返せば

床で腕立て伏せをするのと

同じ効果を手軽に得られることが

可能です。

 

ですのでちょっとした

家事・育児・お仕事の休憩程度に

毎日続けてみると一石二鳥に

なって良いかもしれませんよ!

満足度が高く人気のバストアップ方法

ヒラクアップ

昨年リリースされてから成功者続出中で読者さんの支持率No1のヒラクアップです。そんなヒラクアップの効果120%発揮させるここでしか手に入らない特典も手に入れるなら今がチャンス!

ヒラクアップ

バストアップ応援キャンペーン


以前配布して大好評だった管理栄養士監修のバストアップレシピが復活!管理栄養士さんがバストアップのために必要なカロリー計算をした献立&レシピはこれからバストアップにチャレンジする女子の頼もしい味方になる事間違えなし(^^)/先着順で配布しますのでお見逃しなく!

ヒラクアップの特典詳細はこちら


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

pr
当ブログの管理人のみるくです。何をやっても成果が出せない元キャバ嬢でした。そんなみるくでも成功したバストアップの体験談と読者さんと一緒にバストアップに日々チャレンジする為のブログを運営してます。

質問や相談などお気軽にメールをください(・∀・)

このページの先頭へ