胸を大きくする?!ホルモン注射

こんにちは(・∀・)みるくです。

今日はメルマガ読者さんから

ホルモン注射で胸を大きく

するリスクはあるの?」 という

ご質問を頂きましたので

記事にしてみたいと思います。

 

肌へのハリや体毛を薄くしたり

生理不順を改善させたり

と女性にとって様々な

良い結果をもたらす

女性ホルモン。

 

女性ホルモンである

エストロゲンやプロゲステロンは

それらのプラスになる結果から

今やホルモン注射としても

注目されています。

 

そんな今注目のホルモン注射は

最近では特に「胸を大きくする

ためにも使えるの??」と多くの

女性から期待されています。

 

女性ホルモンは年配の

女性達にとって不足がちで

更年期障害や骨粗しょう症の予防

薄毛改善にも効果的で積極的に

とったほうが良いホルモン

ということでも知られていますが

実は女性ホルモンを多くとる

ことによってのデメリットや

副作用といったものもあるのが

実情です。

 

 

女性ホルモンのホルモン注射によって

起こされる副作用については

「吐き気」・「食欲低下」・「だるさ」

「めまい」・「むくみ」・「色素沈着」

「体重の増加」・「発疹」・・・

などと言われておりいずれも

急激に女性ホルモンを蓄えすぎたり

などのホルモンバランスを

崩すことで起こってしまうそうです。

 

さらにそれらの副作用だけではなく

「エストロゲン」が多くなることで

なりやすい女性ならではの病気にも

かかりやすくなってしまうリスクも

あるのです。

 

それは「エストロゲン依存性悪性腫瘍」

であったり「乳がん」や「子宮がん」

「心筋梗塞」・「肝機能障害」といったものです。

 

乳がんは最近でもタレントの

北斗晶さんや以前は

ニュースキャスターの

小林麻央さんなど

私たちがよく知る方も

闘病することになったと

伝えられており

女性の一人ひとりが

これからきちんと

知っていかなくてはならない

恐ろしい病なのです。

 

そういったことからも

ネット上でも特に以前乳がんに

なられた女性の方々が

安易にホルモン注射を

しないで欲しい。

とバストアップのための

ホルモン注射を望む

女性の方々へ警告を

促しているとのことです。

 

ホルモン注射は1回

約1000円~10000円と

そういった美容関連の中では

比較的安い値段で行えることからも

簡単に望んでしまう

女性が多いといいます。

 

しかし実際のホルモン注射の

役割としては

「男性から女性になりたい」

という方であったり

性同一性障害といった

診断を受けた方があくまでも

治療として行うための方法

とされています。

 

ホルモン注射によって

女性ホルモンを増やさなくても

納豆などの大豆に含まれる

イソフラボン等の摂取を

増やすことで女性ホルモンも

増えるものなので

安易な気持ちで

ホルモン注射を

受けに行くのは注意が

必要といえます。

 

 

満足度が高く人気のバストアップ教材

ヒラクアップ
大人気のバストアップラボの最新版!リリースされてから成功者続出中で読者さんの支持率No1のバストアップ教材です。日本ボディスタイリスト協会の理事長の監修なので権威性抜群で初心者もわかりやすい動画でバストアップにチャレンジできます。またまんがいち効果が出なかった場合のための全額返金保障つきなので気軽に試してみる価値あり。さらにヒラクアップの効果を120%発揮させるためのここでしか手に入らない特典も必見!

\ 当ブログだけ特典も限定配布中! / ヒラクアップ

乳首の黒ずみの改善方法を徹底解説

乳首の黒ずみを改善する方法
バストのサイズの次に多い悩みである乳首の黒ずみについて改善方法を徹底的に解説しました。主に原因と改善方法の2部で解説していて黒ずんでしまう原因はどこよりも詳しく深掘りしてみました。改善方法は自宅でできるセルフケアから美容外科までマルッと解説してます。乳首の色でお悩みの方はまずはこの記事を読んで桜色のキレイな乳首を目指しましょう!

\ 乳首の黒ずみに悩んでいる女子必見! /
乳首の黒ずみについての記事はこちら