21432206.jpeg

こんにちは!みるくです。

先日の記事で書いた

「大丈夫?骨盤の歪みはデメリットだらけ!」

についてメルマガ読者さんの

舞さんからもこんなメールを頂きました(・∀・)

では、早速ですがご紹介したいと思います!

[note]

舞さん

みるくさんこんにちは!
いつもメルマガ楽しみに読んでます!

今日送ってくれたメルマガで
骨盤の開きについて書かれてて
以前みるくさんにご相談してから
骨盤のケアもしてみたらナント!
私のちっぱいも育ってきました!

ラボとあっぷるんでワンカップアップ
ちょっとだけ停滞期だった時に
具体的なアドバイスをして貰えて
ちゃんと効果も出て来てます!

脚の冷えについてもフットバスを
試してから改善出来てきました。
アドバイス貰った通りに寝る時も
モコモコ靴下履いてます!

また嬉しい報告が出来るように
頑張ってみますね!

[/note]

 

ラボとあっぷるんに挑戦して

2ヶ月目の舞さんですが

なかなか結果が出ない時に

みるくが気になったのが

“骨盤”と“下半身の冷え”なのです。

 

前回も書きましたがやっぱり、

骨盤のケアはダイエット以外にも

絶対的に必要だとみるくは思います。

そして・・・

寒くなってきた季節だからこそ

冷え性ではない女子も下半身の冷えには

注意して貰いたいと思います!

では、舞さんにアドバイスした

歩き方もご紹介したいと思います(・∀・)

 

骨盤の開きを治す歩き方

骨盤を意識して歩くことで、見た目に美しく、ボディバランスを整える歩き方です。

骨盤をニュートラルポジションに据え置いて歩くことで、骨盤周辺のインナーマッスルが使われ、骨盤底筋がしまりトレーニングにもなります。

 

 

注意するポイント

  • 日本人の多くが「ひざ」で歩いています。(ひざから前に出る)ひざ歩きの場合、本来歩行時に使われるべき筋肉や股関節、骨盤周辺などの筋肉が十分に使われません。
  • また、ふくらはぎ・太ももの外側(小指側)に偏って立つクセがある人も多く見受けられます。この重心が外に流れてしまう立ち方や歩き方は、骨盤底筋が緩む一因になると言えます。
  • 「姿勢の緩みは骨盤底筋の緩みである」と言っても過言ではありません。きちんと股を閉じて座るなど、日常の姿勢、所作を見直し正すことが、骨盤底筋の強化につながると思います。

自分の足に合ったものならば、中程度の高さのヒールを履くことは問題ありません。逆に、フラットシューズばかりを履いていると、足首の関節の動きが固まってしまう場合もあります。重要なのは、日常生活の中で同じヒールばかりを履くのではなく、意識的に履き分けることです。履き分けることで様々な筋肉が使われることになります。

引用:骨盤底筋を鍛える歩き方をご紹介! |骨盤ウォーキング®

 

満足度が高く人気のバストアップ方法

ヒラクアップ

昨年リリースされてから成功者続出中で読者さんの支持率No1のヒラクアップです。そんなヒラクアップの効果120%発揮させるここでしか手に入らない特典も手に入れるなら今がチャンス!

ヒラクアップ